アテニアクレンジングオイル 副作用

MENU

アテニアクレンジングオイルに副作用はある?

アテニアクレンジングオイルの副作用は?敏感肌でも安全に使えた!

 

前提として副作用という言葉は医療用語ですので、お薬を塗った場合や服用した時にリスクを伴う生態的反応を示した時に言います。

 

化粧品の場合は副作用というよりもお肌のトラブルという表現が適しています。

 

化粧品に入っている成分はたくさんあり、合うかそうでないか使用するご本人でなければ判断することが難しいでしょう。

 

副作用が心配であれば、出来るなら信頼と実績を積み上げたコスメ会社(ブランド)の化粧品を使うと良いですが、例えばアテニアの場合はどの化粧品もハイランクで一線を画しています。

 

副作用までとは行きませんが、極度の敏感肌や乾燥肌の方は使用時に赤みを招く可能性はあります。
市販されている化粧品の中には化学物質を添加したローションも販売しているのは無視できませんが、アテニアの商品は安全確認された物ばかりで副作用に近いトラブルまでに至る可能性は極めて低いです。

 

1回の使用量を守り適量の使用を

パラベン類や合成着色料、石油系の香料は刺激が強めで、連日の使用を控えたい物質になります。
それらは指定成分として定められていますが、人によっては酷い肌をトラブルを招くのが大きな問題です。
しかし、アテニアはそのような実害・不安はなく、どれも優れた効果を示してくれます。

 

アテニアクレンジングオイルは安心して使用できます

アテニアクレンジングオイルの副作用は?敏感肌でも安全に使えた!

 

アテニアのクレンジングオイルは副作用が無いので安心して使えるのが強みです。

 

どのシリーズも安全確認とテストを繰り返していて、可能な限り天然成分を使っていますので肌が弱い方や科学化合物に反応が出てしまう方でも安心して使用できます。

 

また、老化改善の為に働きかけるプラセンタ(サケ由来)も、贅沢に石鹸に入れるくらいのパフォーマンスが特徴的で、原価は高めで簡単に洗浄剤に加えられないレベルでしょう。

 

アテニアは指定成分を極力排除し合成香料を避けるところがあり、精油(オレンジ油など)や天然の香料を使用しています。

 

花から抽出したエキスや精油、フローラルウォーターで自然な香り付けをしているのも特徴的です。
着色料なら食紅やタール色素を用いらずに、シアノコバラミンやカラメルで着色しています。
DLシリーズの成分記載表には指定成分の記入は見当たりません。

アテニアはパラベンフリーです

アテニアクレンジングオイルの副作用は?敏感肌でも安全に使えた!

 

アテニアは保存料として代表的なパラベンは使わずフェノキシエタノールで代用しているのでアテニア化粧品が安心して使用することが出来る理由の一つです。

 

但し、気を付けたいところが、誰しも使用感と個人差がありますので、人により成分に対して相性はありますので注意は必要です。